井山裕太棋聖、悲願のNHK杯初優勝

井山裕太棋聖、悲願のNHK杯初優勝

左/一力遼七段、右/井山裕太棋聖。撮影:小松士郎

4年ぶりにNHK杯テレビ囲碁トーナメント決勝の舞台に勝ち上がってきた、絶対王者・井山裕太(いやま・ゆうた)棋聖。タイトルを総なめにしてきたようだが、あと一つ、NHK杯にだけは手が届いていない。対するは2年前の準優勝者で、史上最年少優勝を狙う19歳・一力遼(いちりき・りょう)七段。対局は、予想どおりの大熱戦となった。



(本文中の肩書・段位は放送時のものです)




* * *



\r\n■頂上決戦!\r\n


第64回NHK杯テレビ囲碁トーナメントの決勝に勝ち上がったのは、いずれも準優勝経験者である井山裕太棋聖と一力遼七段だ。



井山は、若手の注目株・余正麒七段、昨年のNHK杯で井山の連勝を24でストップさせた河野臨九段、そして2年前のNHK杯覇者・伊田篤史八段を破っての決勝進出。対する一力の充実ぶりには目を見張るものがある。高尾紳路名人、山下敬吾九段、張栩NHK杯と、平成四天王を3人打ち破って決勝進出を果たしたのだ。囲碁界注目の一戦、27歳にしてベテランの域に達した井山に、19歳の一力がどのように立ち向かうのか。


\r\n■井山の攻め対一力のシノギ\r\n


一力の黒番で始まった決戦は、予想に反して落ち着いた布石でスタートした。しかし20手を過ぎたあたりから、白番の井山が徐々に攻勢をかける。30手を過ぎると、井山の攻めに一力のシノギという構図が固まった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)