色の変化も楽しめる アジサイのドライフラワー

色の変化も楽しめる アジサイのドライフラワー

ソファーテーブルやサイドテーブルなど低い場所に飾って眺めるのがおすすめ。撮影:田中雅也

庭に咲いたアジサイをドライフラワーにして、部屋に飾ってみませんか。アジサイのドライフラワーは乾燥後も花色の変化が眺められるのが魅力。しかも1年ほど長く楽しめます。



飾るときのコツは、花首で切って器に飾り、テーブルなど低い場所に置くこと。フラワースタイリストの増田由希子(ますだ・ゆきこ)さんが、存在感のあるドライフラワーのつくり方を紹介します。



1 カットしたアジサイは、1日水あげし、たっぷり吸水させてから乾かす。



2 直射日光が当たらず、風通しのよい室内で逆さにして乾かす。



3 乾燥したら花首でカットし、皿に余白を残して飾る。花が大きい場合はカットする。



■『NHK趣味の園芸』2017年6月号より

1

関連記事(外部サイト)