塩こうじ・甘酒が体にいい理由とは

塩こうじ・甘酒が体にいい理由とは

こうじからつくられる発酵食品は、おいしくて非常に健康効果が高い“魔法の食品”です。撮影:安井真喜子

調味料として人気の塩こうじと、“飲む点滴”ともいわれる元祖栄養ドリンク・甘酒。順天堂大学医学部教授の小林弘幸(こばやし・ひろゆき)さんと、クリニック院長の小林暁子(こばやし・あきこ)さんに、この2つが体によいといわれている理由を教えてもらいました。




* * *



\r\n■素早くエネルギーになり免疫力もアップ\r\n


塩こうじ、甘酒は米こうじを利用してつくられる食品です。米こうじは酵素を大量につくり出し、米のでんぷんやたんぱく質を分解し、甘みやうまみを生み出します。それだけではありません。塩こうじや甘酒は、米の栄養素が吸収されやすいように分解されているうえに、エネルギー代謝を助けるビタミンB群なども含んでいるため、素早く、効率よくエネルギーになります。



「疲れているときや運動後は、免疫力が低下しているため、甘酒を飲んだり、塩こうじを使った料理を食べたりするのがおすすめです。疲労回復やかぜ予防に役立ちます」(小林暁子先生)



また、甘酒には、食物繊維や食物繊維に似た働きをするレジスタントプロテイ

ンが豊富です。さらに、腸内細菌の餌になるオリゴ糖も含まれているため、腸内環境をよくする働きが期待できます。


\r\n■腸には免疫細胞が集中 免疫機能の7割を担う\r\n


「腸内環境が悪いと、免疫力が低下します。これは、腸には免疫システムの中心的な役割を担っている免疫担当細胞が集中していて正常に働かなくなるからです」(小林弘幸先生)



そもそも腸は、食物を消化吸収したり、便を排せつするだけでなく、悪いものから体を守る免疫機能を持っています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)