石田秀芳二十四世本因坊、「へぼ」に見せかけたコスミの妙手

石田秀芳二十四世本因坊、「へぼ」に見せかけたコスミの妙手

撮影:小松士郎

石田秀芳二十四世本因坊、「へぼ」に見せかけたコスミの妙手

石田秀芳二十四世本因坊、「へぼ」に見せかけたコスミの妙手の画像

22歳で最年少本因坊となり、5連覇の偉業を達成された石田秀芳(いしだ・しゅうほう)二十四世本因坊の登場です。昨年は紫綬褒章を受章されました。「時がたつのは早い」と振り返りながら、思い出深い一手を語ってくださいました。




* * *



\r\n■3年連続の対戦\r\n


昭和48年の本因坊戦第3局から今回の一手を選びました。お相手は、林海峰(名誉天元)さんです。私はこの2年前に本因坊を林さんから取り、次の年、この年と3回続けて林さんと七番勝負を打ったのですね。時代背景的には、林さんが坂田栄男先生を負かしたことで、若手に活気が出てきたと言いますか、私たち木谷門が「自分たちもやれるんじゃないか」という思いで、林さんに挑戦していったんですね。林さんといえば、有名な異名が「二枚腰」――柔軟で土俵を割らない。実際に対局すると、棋譜で見ていた印象とは大きく違うことが分かりました。読みの深さとか柔軟性というのは、棋譜だけでは分かりにくいのですね。本因坊戦で挑戦したときは、林さんの腰の重さは十分に感じていましたから、「持久戦」を意識しました。若いときは力を優先させることが多かったのですが、「林さんの得意とするところでもし勝てたら、大きな星になる」と思ったのですね。そして、運よく勝つことができました。



当時、私は木谷實先生のところで内弟子生活をしていました。18歳で四段くらいが独立のめどだったのですが、先生の耳に入ってくる先輩たちの評判があまりよろしくなかったようで(笑)、私はなかなかお許しが出なかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)