守りの堅い玉を攻略するには

守りの堅い玉を攻略するには

撮影:藤田浩司

守りの堅い玉を攻略するには

守りの堅い玉を攻略するにはの画像

『NHK将棋講座』6月のテーマは「寄せははがすなり」。講師の船江恒平六段が、守りの堅い玉の攻略法を指南します。



(課題図の肩書は対局当時のものです)




* * *




この2か月は玉を詰ますための解説をしてきました。将棋は玉を詰ますゲームですが、「玉を(直接)攻めるゲーム」とイコールではないような気がします。



では何を攻めるのか。敵玉の守り駒です。それが今月のテーマである「寄せははがすなり」につながっていきます。



4月号で、玉の近くにいる金銀はボディーガードの役目だと紹介しました。どうでしょう。「寄せははがすなり」をよりイメージできるのではないでしょうか?



ボディーガードがいる状態で大将を攻めても一筋縄ではいきません。守備陣を突破することが寄せへの第一歩になります。しかも、将棋は取った駒を使うことができます。守り駒を倒せば(取れば)、今度は自分の味方になってくれます。



玉方の身になってみると、ついさっきまで守り駒だった駒が、寝返って自分をしとめにやってくるわけです。そう考えると将棋は恐ろしいゲームですね。




\r\n■山崎八段に学ぶ 切れ負けの鬼で頼れる先輩棋士\r\n


講座で使う実戦の図面は過去の公式戦からテーマに適した将棋を選んでいます。意図したわけではないのですが、今月も山崎八段の将棋を選びました。前に紹介したときは敗戦局でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)