ベスト4は元院生の20代―――全日本女流アマチュア囲碁選手権大会

ベスト4は元院生の20代―――全日本女流アマチュア囲碁選手権大会

左から金子もと子さん、大島玲奈さん、岩田紗絵加さん、呉理沙さん 撮影:小松士郎

3月11、12 日の2日間にわたり、女流アマチュアの日本一を決める全日本女流アマチュア囲碁選手権大会が日本棋院にて開催された。小学生から80代のベテランまで、全国各地で行われた予選突破者とシード選手の合わせて96人が、華やかな戦いを繰り広げた。今回は、20代がそろったベスト4にスポットを当てた。




* * *


?
\r\n■熱く華やかな戦い\r\n


1959年にスタートして以来、20人近くの女流棋士を輩出するなど女性囲碁ファンが目標としてきた本大会。ここ数年は小・中学生の割合が目立つなど低年齢化が目立ってきていたが、今年はさらに世代交代が進んだようだ。



初日の1次リーグを勝ち抜き、2日目の準々決勝に臨んだメンバーには、昨年のベスト8からは4人しか残らなかったことからも、参加者のレベルが総じて高いことが分かる。その中には、おととしに続いて親子での入賞となった大沢摩耶さん・大須賀聖良さんの顔もあった。



準々決勝では、大沢さん親子、おととし準優勝の久代迎春さんが姿を消す。ベスト4に残ったのは、全員が20代、そして院生経験者だ。


\r\n■ベスト4は元院生の20代\r\n


その中の一人、関西代表で初出場の金子もと子さんは、中学2年まで日本棋院関西総本部で院生だったが、院生を辞めてから十数年は完全に囲碁から離れていたそうだ。そして今回初出場でのベスト4に「奇跡すぎて…。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)