張栩九段、悩み多い時期を打開した「目覚めの一手」

張栩九段、悩み多い時期を打開した「目覚めの一手」

撮影:河井邦彦

張栩九段、悩み多い時期を打開した「目覚めの一手」

張栩九段、悩み多い時期を打開した「目覚めの一手」の画像

世界戦を制し、国内では史上2人目のグランドスラムを達成した張栩(ちょう・う)九段。無冠になってからの4年間を「悩みの多い時期」と振り返ります。当時のお話、そして、その後の「目覚めの一手」をお届けしましょう。




* * *



\r\n■碁が好きだと改めて思った日々\r\n


今回取り上げたのは第63回NHK杯の決勝戦で、寺山さん(怜四段)との一局です。久しぶりの優勝…本当にうれしい優勝でしたので、その碁の中から自慢の一手を選ばせていただきました。自分の流れも変える意味のある一局でもあるし、一手だったと思います。



それまでの4年間は長く、もう永遠にタイトルを取れないんじゃないかという不安も出てきますし、「まぁでも勝負の世界はこんなものかな」と自分ではある程度納得しているのですが、やはり周りの期待に応えたい。その中で期待が負担に感じることもありました。碁に対して悩んでいる時期でもあったのです。



ひと言では言い尽くせませんが、自分の状態もよくなかった。碁への情熱も少し失いかけていました。このままではいけない、現状を打開するために思い切ったことをしなければいけないと思い、子育てのことや自分の両親のことなども含めてよく考えて、家族で台湾に生活拠点を移す決断をしました。



僕自身は、対局のあるときは日本で過ごしていましたので、日本にいる時間のほうが全然長かったのですが、台湾にもよく帰り、その間は違う生活スタイルになる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)