『維摩経』の成り立ち

大乗仏教の経典の一つ、『維摩経』。如来寺住職・相愛大学教授の釈徹宗(しゃく・てっしゅう)さんが、その成り立ちを解説します。




* * *




『維摩経』が作られたのは紀元1〜2世紀頃で、大乗仏教経典では初期経典の部類に属します。日本に伝わったのは飛鳥時代。聖徳太子の編著とされる日本最古書であり仏典注釈書である『三経義疏(さんぎょうぎしょ)』の中に、『法華経(ほけきょう)』『勝鬘経(しょうまんきょう)』とともに『維摩経』が取り上げられています。ちなみに数ある仏教経典の中から、聖徳太子がこの三つの経典を取り上げたところに注目したいと思います。というのも、『維摩経』と『勝鬘経』は在家仏教者が主役の経典であり、『法華経』は僧俗・貴賤・男女・善悪の差別なく救われる道が説かれているからです。



今から20年ほど前までは、『維摩経』にはチベット語訳と漢訳しか現存しないと考えられていましたが、1999年にチベットのポタラ宮で大正大学の調査プロジェクトチームによってサンスクリット語の経典(8世紀の写本)が新たに発見されて大きな話題となりました。それぞれの内容には若干の違いが見られるのですが、この番組とテキストでは、日本で最も読まれている鳩摩羅什(くまらじゅう)による漢訳『維摩詰所説経(ゆいまきつしょせつきょう)』(上・中・下巻の全三巻、十四章)を基本として解説いたします。



『維摩経』の最大の特徴は、釈迦の弟子や菩薩が主役ではなく、在家者である維摩という人物を通して教えが説かれている点にあります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)