目指せスポーツカー! 熱トレでぐんぐん燃やせる体を手に入れよう

目指せスポーツカー! 熱トレでぐんぐん燃やせる体を手に入れよう

イラスト:前田はんきち

「ちょっと食べただけで太る」とか「ダイエットしても効果が出ない」と感じることはありませんか? 「そんなお悩みの根底にあるのが、体の熱産生の低下です」と指摘するのは、整形外科医、医学博士、スポーツドクターの中村格子(なかむら・かくこ)さんです。




* * *




熱産生とは、人間が持っている、自分で熱(エネルギー)をつくり出す機能のこと。熱産生の働きが高く代謝のいい体なら、摂取したエネルギーや体脂肪をしっかり燃やせます。逆に、熱産生の低い体では効率よく燃やせません。そのため、余ったエネルギーは体脂肪としてため込まれ、太りやすい体になっていきます。



「熱トレ」とは、熱産生を高めるトレーニングのこと。トレーニングというと、「運動」と考えがちですが、「熱トレ」は、運動と食事の両面からアプローチします。



車に例えてご説明しましょう。20代のころの代謝のいい体は、馬力のある大きなエンジンを搭載したスポーツカーのようなもの。ガソリンをどんどん燃やし、大きなパワーをつくってすいすい走れます。ところが年齢を重ねると、エンジンは次第に小さくなり、パワーのない小型車に。このまま放っておけば燃焼効率はさらに低下し、ちゃんと走れなくなります。



エンジンが回りにくくなった車を走れる車にするためには、メンテナンスを施してエンジンを動かし、ガソリンやオイルを補給することが必要。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)