釈迦の十大弟子が断った維摩の見舞い――得意分野をことごとく否定した真意

維摩が病気であることを知った釈迦は、自分の代わりに弟子を維摩のもとに見舞いに向かわせようと考えて、弟子たちの中でナンバーワンの頭脳を誇り「智慧第一」とも称された舎利弗(しゃりほつ)に声をかけました。



「維摩さんのお見舞いに行ってきてくれませんか」



尊敬する釈迦の頼みなのだから二つ返事で引き受けてもよさそうですが、舎利弗は渋りながらこう答えました。



「世尊(せそん)、それはご勘弁願います。とても私にはその役目を果たせるとは思えません」



なぜ舎利弗が見舞いの代役を拒んだかというと、以前、維摩にやり込められたことがあったからです。



維摩が釈迦の高弟たちを論破した言葉の中には、仏教の真理がしっかり示されていたと如来寺住職・相愛大学教授の釈徹宗(しゃく・てっしゅう)さんは指摘します。




* * *




あるとき、舎利弗が林の中で静かに瞑想していたところ、維摩がやってきてこう言ったそうです。



「舎利弗さま。必ずしも坐ることだけが坐禅ではありません。坐禅というものは俗世間の中にあって、身と意(こころ)を現さないことなのです。何もせず、心の働きを止め、しかも諸々の俗世間の行いをするのです。修行を捨てず、俗事をする。これが坐禅です。心は自らに向くものでも、外に向くものでもありません。これが坐禅です。世間の種々の見方、考え方を知りながら仏道を修行する。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)