維摩の病の原因は「慈悲」だった

病床にある維摩を見舞いたい釈迦は、信頼する弟子たちに代役を頼みますが、弟子たちは維摩にやり込められた過去を理由に辞退してしまいます。結局、十大弟子全員、そして菩薩たちに断られた釈迦は、ついに智慧の象徴として知られる文殊菩薩(もんじゅぼさつ)に声をかけ、渋々ながらもついに承諾を得ることに成功します。その訪問の様子が『維摩経』の第五章「文殊師利問疾品(もんじゅしりもんしつぼん)」に綴られています。如来寺住職・相愛大学教授の釈徹宗(しゃく・てっしゅう)さんと共に読み解いていきましょう。




* * *




文殊菩薩が維摩の見舞いに行くと知った弟子や菩薩や神々たちは、それまでは及び腰だったくせに、「文殊菩薩と維摩の二人が話をしたらすごいことになるぞ。素晴らしい教えが聞けるに違いない」と考えて、みんなで一緒についていくことになります。



文殊菩薩が大勢の者を引き連れて維摩の家へと向かっていた頃、文殊菩薩たちが来ることを察した維摩は、家の者たちに外出を命じ、家具をすべて片付けて、がらんとした部屋に一人で寝ている状態で待っていました。



やがて一行がやってくると、維摩は「ようこそおいでくださいました」と礼を述べた後に、いきなりこんな言葉を文殊菩薩に投げかけます。



「あなたは“来ない”という姿(不来迎〈ふらいごう〉)でここに来られた。そして“見ない”という態度(不見相〈ふけんそう〉)で見ましたね」



何を言っているのか一読しただけではよくわからない言葉ですが、さすが智慧の象徴だけあって、文殊菩薩は少しも動じることなく次のように返します。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)