「肥料の三要素」チッ素、リン酸、カリの働きは?

「肥料の三要素」チッ素、リン酸、カリの働きは?

イラスト:山村ヒデト

肥料の話になると必ず登場するのが、チッ素、リン酸、カリの3つの肥料成分です。それぞれどのような働きをしているのか、また、不足や過剰によって何が起きるのかを、東京農業大学名誉教授の後藤逸男(ごとう・いつお)さんに教えてもらいました。




* * *


?
\r\n■摂取しなければならない重要な3つの要素\r\n


植物が生きていくために、摂取しなければならない栄養分を「必須要素」といい、

17種類あります。そのなかで肥料として施す必要があり、重要なのが、「肥料の三要素」と呼ばれるチッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)の3種類です。



植物の生育に最も大きく影響する要素がチッ素です。チッ素は、植物の体を形作るたんぱく質や、光合成に必要な葉緑素など、植物体の中で大切な働きをする物質の構成元素として重要です。葉や茎などの成長に欠かせず、植物の体を大きくするため、「葉肥(はごえ)」といわれます。



チッ素が不足すると、下葉に含まれるたんぱく質や葉緑素が、旺盛に生育している株の先端のほうに送られるため、下葉から黄色くなってきます。株の生育が衰えて葉が小さくなる、分枝しにくい、草丈が伸びないといった症状も現れます。



逆にチッ素が多すぎる場合には、葉色が濃い緑色になり、茎や葉ばかりが茂って、花や実がつきにくくなります。また、植物体が肥満化して軟弱になるため、病害虫の被害も受けやすくなります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)