古くは縄文時代から――月見文化の始まり

月を見るという風習は縄文時代からあったといわれ、和歌のテーマとしても長く愛されてきました。湯武者小路千家家元教授の木津宗詮(きづ・そうせん)さんが、月見文化の起源について紐解きます。




* * *




なにごとも変はりのみゆく世の中におなじかげにてすめる月かな



保元(ほうげん)の乱から源平合戦へと兵乱の打ちつづく激動の時代は、まさに無常の世でありました。この和歌には、そうした世の中でも月は古(いにしえ)となにひとつ変わらぬ光を放ち澄み輝いているのだという西行(さいぎょう)の思いが込められています。月の光は、今も昔も不変のものなのです。


\r\n■中秋の名月\r\n


和歌の世界では「澄む月」といえば秋の月のこととされています。旧暦八月十五日の月は「中秋の名月」や「十五夜」と呼ばれ、一年でもっとも美しい光を放ちます。この夜には、秋の夕べにひときわ大きく昇る満月を愛でる月見が行われます。あいにく雲に隠れて月が見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の夜に雨が降ることは「雨月(うげつ)」といい、中秋の夜にたとえ月が隠れていても、ほの明るい風情も愛でていたのです。一方で、満つる直前の不完全な九月十三日の月も「十三夜」として愛でられています。



秋は空気が澄み、一年でもっとも月がきれいに見える季節です。秋の月の高さ(高度)は夏と冬のちょうど中間に位置し、満月が四季の中でもっとも見やすくなります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)