病害虫防除のヒント

病害虫防除のヒント

イラスト:Studio-Takeuma

暑さが残る時期には暑さに強い病害虫が、秋雨を過ぎて寒くなる時期には低い温度を好む病害虫が、野菜を狙っています。園芸病害虫防除技術研究家で農学博士の根本 久(ねもと・ひさし)さんに、病害虫防除のヒントをうかがいました。




* * *




「植物(野菜)」、「病害虫」、「病害虫が活動しやすい環境」の3条件がそろうと植物に被害が出ます。3つが重ならないように工夫することが病害虫防除といえます。


\r\n■発生させない! 拡大させない!\r\n


1 まずは健全なタネや苗を選ぶ

健全なタネや苗を使用し、畑に病害虫を持ち込まないようにします。また、特定の病害虫に強い性質を備えた品種があれば、それを利用します。



2 早期発見! すぐに対処

発生してしまっても、多くの場合、初期なら病害虫を取り除くことは可能です。多発してからでは、薬剤を使っても抑えにくくなります。



3 病害虫と野菜が出会う機会を減らす

防虫ネットなどの資材を利用したり、コンパニオンプランツなど植物の助けを借りたり、薬剤や天敵などを利用したりして、出会いの機会を減らします。



4 病害虫が発生しにくく、活動しにくい環境を作る

栽培管理を適正に行い、連作を避け、特定の微生物、昆虫、センチュウなどが増えないように工夫をします。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年9月号より

1

関連記事(外部サイト)