全体主義の母胎は19世紀の「反ユダヤ主義」だった

ドイツ系ユダヤ人の政治哲学者ハンナ・アーレントは、1933年にナチスが政権を掌握するとまずフランスへ、次いでアメリカへの亡命を余儀なくされました。ニューヨークに到着したのは1941年5月。その頃から、ドイツではホロコーストの動きが加速していきます。金沢大学法学類教授の仲正昌樹(なかまさ・まさき)さんが、全体主義の母胎となった19世紀の「反ユダヤ主義」について解説します。




* * *




ナチスによる反ユダヤ主義政策の仔細が明らかになると、世界中に大きな衝撃が走りました。アーレントも例外ではありません。それは「奈落の底が開いたような経験」だったと後述しています。同胞を虐殺されたことは、その後の彼女の学問的原点となりました。



戦後、真っ先に取り組んだのは、この恐るべき「最終解決」を遂行した全体主義についての研究でした。その結晶である『全体主義の起原』ははじめ三部構成の一冊で刊行されましたが、のちに各部がそれぞれに序文を付したかたちの三巻本として出版されることになります。サブタイトルは、第一巻が「反ユダヤ主義」、第二巻が「帝国主義」で、ナチス・ドイツとスターリン主義のソ連という全体主義そのものについて考察する第三巻「全体主義」に至る、いわば前史となっています。今回取り上げる第一巻では、近代的な国民国家の誕生によって「反ユダヤ主義」が次第に深刻化・先鋭化し、全体主義の母胎となっていく過程を考察しています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)