冬越し野菜を上手に育てる5つのポイント

冬越し野菜を上手に育てる5つのポイント

エンドウ、イチゴ、ソラマメも冬越し野菜。イラスト:黒坂麻衣

成功の最大のポイントは、上手に冬越しさせること。すべての野菜に共通する、5つのポイントを押さえましょう。明治大学黒川農場特任教授の佐倉朗夫(さくら・あきお)さんに教えてもらいました。




* * *




1 適期にスタートする

冬越し野菜のスタート適期は、非常に短いのが特徴です。スタート時期が早すぎると株が大きすぎる状態で、遅すぎると小さすぎる状態で冬越しさせることになり、いずれもうまく育たない可能性が高くなります(株のサイズについては3参照)



2 土作りをしっかり行う

寒さの影響で、冬越し中は地上部はあまり成長せず、場合によっては枯れたように見えることもあります。でも、地中では根が少しずつ伸びているので、その活動を支える土作りをおろそかにしないことが大切です。



3 適切なサイズで冬越しさせる

冬越し時に株が大きすぎても小さすぎても、うまく冬越しできません。エンドウとソラマメは株が小さいほど耐寒性が強く、草丈10〜15cmで冬越しさせるのがベスト。タマネギは、細い苗を植えると寒さで枯れることも。逆に太すぎると春先にとう立ちし、球が太らないうちに堅くなってしまいます。



4 防寒は適度に行う

寒さに当てる必要があるので、過度な防寒は厳禁。耐寒性の強さは野菜の種類によって異なるので、その野菜に適した寒さ対策を行います。



5 霜対策で根を守る

寒さには強い冬越し野菜ですが、霜には注意が必要です。霜が降りて霜柱ができ、根が浮いてしまうと生育が悪くなります。月に1回は菜園を見回り、手で押さえる、足で踏むなどして浮きを押さえましょう。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年10月号より

1

関連記事(外部サイト)