レンチンさつまいもの極意

レンチンさつまいもの極意

撮影:豊田朋子

レンチンさつまいもの極意

包むときは「ふんわり」がコツ! ピッチリ隙間なく包むと、電子レンジから出したときにラップがさつまいもに貼りついてしまうので注意。

芋を柔らかくするには電子レンジが便利。でもちょうどよい加減にするのは、ビギナーには意外と難しい! そこで、芋名人・小林まさみさんに、さつまいもを丸ごとレンチンするときの基本を教えてもらいます。




* * *




皮ごとレンチンすれば、失敗なし! ラップの包み方もしっかりマスターして。


\r\n■1 皮付きのままラップで包む\r\n


さつまいもはよく洗って皮付きのまま、ぬれた状態でラップでふんわりと包む。水けがないとパサパサになるので、洗ったら拭かずにラップで包むことが大事。




\r\n■2 電子レンジにかける\r\n


ターンテーブルの端にのせ(ターンテーブルがない場合は、庫内の真ん中に置く)、電子レンジ(600 W)に3分間かける。一度上下を返し、さらに3 分間かける。

※加熱時間はさつまいもの重さで変わる。2本(約600g)の場合は2倍の加熱時間に。様子を見ながら加減する。




\r\n■3 でき上がり!\r\n


熱いので、布巾などを使って取り出し、ラップを外す。





■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年10月号より

1

関連記事(外部サイト)