初夏が旬のソラマメは今がタネまき適期! 栽培のポイント

初夏が旬のソラマメは今がタネまき適期! 栽培のポイント

撮影:渡辺七奈

寒さのなかで花芽(はなめ)を作るソラマメ。春になるとぐんぐん成長して、大きなさやを実らせます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、栽培のポイントを教えてもらいました。




* * *



\r\n■寒さを味方にして育つ、涼やかな初夏の味\r\n


ソラマメは、晩秋に苗を植えつけ、小さい株のまま冬越しさせます。春になって気温が上がると、一気に成長し、初夏に大きなさやを実らせるのです。さわやかな緑色の豆はホクホクとして甘みたっぷり。収穫後に鮮度が落ちやすい野菜なので、家庭菜園でこそ育てがいがあります。



本格的な寒さが来るまでに、最も耐寒性が強い草丈15〜20cmの大きさに育てておくことが重要。そのためには、11月中旬〜下旬に草丈7〜8cm の苗を植えつけましょう。ソラマメの多くの品種は、一定の低温に当たることで花芽を作る性質があります。寒さをうまく利用して育てましょう。



1 マメ類は元肥半分で

マメ科の野菜は、根に寄生する根粒菌(こんりゅうきん)からチッ素分を得ることができます。元肥(もとごえ)の化成肥料は、通常の野菜の半分(50g/u)にしましょう。追肥は通常の野菜と同量です。



2 春になったらタイミングよく手入れ

春になって気温が上がるにつれて、草丈が伸び始めます。充実したさやと豆を作るための手入れをしっかりとしましょう。株の状態に合わせて、タイミングよく管理作業をすることが大切です。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年10月号より

1

関連記事(外部サイト)