井山裕太との対局で繰り出した一か八かの一手

井山裕太との対局で繰り出した一か八かの一手

撮影:小松士郎

井山裕太との対局で繰り出した一か八かの一手

井山裕太との対局で繰り出した一か八かの一手の画像

「自分の中では大きな一勝でした」と今回の一局を振り返る高尾紳路名人。中でも印象深い一手について、そして井山裕太七冠の牙城を崩してなお前を向き続ける闘志を、柔らかく謙虚な語り口で話してくださいました。



(本文中の肩書・段位は2017年7月16日の放送時のものです)




* * *



\r\n■借りを返すチャンス\r\n


今回は、棋聖戦挑戦者決定戦で、井山裕太さんと対局したときの一手を選びました。



棋聖戦は、私の師匠である藤沢秀行先生が、第1期から6期まで連覇され、藤沢秀行と言えば名誉棋聖というイメージが定着しています。大勢の方、ファンの皆さんからも「ぜひ、高尾君も師匠に続いて棋聖を取ってくれ」というふうに声をかけていただいていて、僕にとって特別な思いがある棋戦です。



当時の棋聖リーグはAとBに分かれており、それぞれの優勝者が挑戦者決定戦を打つシステムでした。井山さんとは前の年も決定戦で当たっており、僕が優勢だったのですが結局逆転負けとなりまして、非常に悔しかった。ですからこの年は、そのときの無念さをぶつけよう、借りを返すチャンスだという思いもありました。



井山さんの碁は、小さいころから見ていて、12歳くらいのときから「あぁ、全然違う。別格の人が出てきたな」という印象を受けていました。16歳で初めてタイトルを取られたときも、僕も当時はタイトルを持っていたのですが、「16歳にして、僕より強いな」と感じていました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)