高尾紳路名人のユーモアが炸裂したNHK杯戦

高尾紳路名人のユーモアが炸裂したNHK杯戦

左/許家元四段、右/高尾紳路名人 撮影:小松士郎

高尾紳路名人のユーモアが炸裂したNHK杯戦

高尾紳路名人のユーモアが炸裂したNHK杯戦の画像

第65回NHK杯2回戦 第2局は、許家元(きょ・かげん)四段(黒)と高尾紳路(たかお・しんじ)名人(白)の対戦となった。佐藤康夫さんの観戦記から、序盤の展開をお伝えする。



(本文中の肩書・段位は放送時のものです)




* * *



\r\n■名人の貫禄を示したい対戦\r\n


高尾紳路名人はさまざまなイベントでスピーチをする機会が多い。真面目な表情と語り口なのだが、内容はユーモアたっぷりである。対局前のマイクテストで「きょうの昼食は?」と問われ、「豚キムチ丼でした」と即答してスタジオ一同の爆笑を誘った。将棋の藤井聡太四段フィーバーでの“勝負メシ”をもじったものだろう。囲碁界では対局前にしっかり食べる棋士はほとんどいない。



1回戦で、出場3回目にして初勝利を挙げた許家元四段だが、目標は頂点制覇であることは間違いない。伊田篤史八段、一力遼七段らライバルたちのNHK杯での活躍を見て、このまま黙っているわけにはいかないだろう。すでに他の早碁棋戦で実績を残している。



解説の羽根直樹九段は「対戦成績は許四段が2勝で、名人としてはそろそろ貫禄を示しておかなければいけませんね。許四段の先行を高尾名人が追い込む碁になるでしょう」と見どころを語った。


\r\n■穏やかな序盤\r\n


黒9のカカリからすぐに黒11と三々に入るのは現代的手法で、このあとの研究も進み、今や定石化されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)