寺山怜五段が指南する「根拠を巡る攻防戦」

寺山怜五段が指南する「根拠を巡る攻防戦」

寺山怜五段が指南する「根拠を巡る攻防戦」の画像

寺山怜五段が指南する「根拠を巡る攻防戦」

寺山怜五段が指南する「根拠を巡る攻防戦」の画像

『NHK囲碁講座』の別冊付録「寺山怜の自由に打つためのポイント講座」では、寺山怜(てらやま・れい)五段の楽しいコラムと三択形式の問題&解答をお届けしています。10月号のテーマは「根拠を巡る攻防戦」。状況によって石の強弱は変わります。自分の不安定な石をしっかり補強したり、相手の石の根拠を奪ったりと、ポイントを押さえて主導権を握るための打ち方をお教えします。




* * *




「棋士は皆さん、仲がいいのですか?」こんなことを聞かれたことがあります。囲碁ファンの皆さんにはどう映っているのでしょうか。



棋士は自分以外みんなライバルみたいなものです。手合で当たったら勝つことが第一目標になるわけですから。とはいえ、仲が悪いかと言うとそうでもない(笑)。ご安心ください。



以前もお話ししましたが、手合のあとはみんなで飲みに行ったりします。そうそう、一緒に旅行したこともあります。何年前だったか、そんなに昔ではありません。鈴木伸二七段の実家にですね、お邪魔しました。北海道です!



9月でした。東京では残暑に苦しめられているころ、北海道ではもう紅葉が始まっていました。朝晩は寒い感じもあったほどです。



食事はごちそうばかり。正直、帰りたくなくなりました。最も感激したのは、鈴木くんのご両親が道内を案内してくれたこと。洞爺湖、支笏湖、いろいろなところに連れて行っていただきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)