日もちしないたらこは「たらこマヨネーズ」に!

日もちしないたらこは「たらこマヨネーズ」に!

にんじんしりしりの味つけにもぴったり。「にんじんのたらこマヨネーズ炒め」のつくり方はテキストに掲載しています。撮影:木村 拓(東京料理写真)

日もちしないたらこは「たらこマヨネーズ」に!

日もちしないたらこは「たらこマヨネーズ」に!の画像

料理研究家の瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さんが、たらこの賢い保存法を教えてくれました。




* * *




生のままだと、日もちしないたらこ。冷蔵庫に残っていると早く食べなくては、というプレッシャーを感じませんか?



冷凍してもつい忘れてしまい、ずいぶんあとになって発見、なんてこともありがちです。おいしいうちに「たらこマヨネーズ」にして、保存しましょう。



まず、たらこは薄皮に切り目を入れて、包丁の背でこそいで中身を出します。それを

保存容器に入れ、マヨネーズを加えて、よく混ぜるだけです。油と合わせることで日もちするようになるんですよ。



このたらこマヨネーズは、料理の味つけに使ったり、ソースがわりに使ったりと、そのままのたらこよりも使い勝手がいいのも魅力。淡泊な食材も、このたらこマヨネーズをプラスすることでまろやかなコクと食べごたえが出ます。おすすめは食パンに塗って、トーストすること。昔ながらの喫茶店で出てくるような、ちょっと懐かしい味がします。



ちなみに、「1腹」とは、1回の産卵で産む卵の1まとまりのことを指します。たらこの場合は2本です。




\r\n■材料とつくり方(つくりやすい分量)\r\n


たらこ1腹(2本/80 g)は薄皮に包丁の先で切り目を入れ、包丁の背で中の卵をこそげ出す。清潔な保存容器に入れ、マヨネーズ大さじ5を加えてよく混ぜる。冷蔵庫で10日間ほど保存可能。

[全量510kcal 調理時間5分]



■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年2月号より

1

関連記事(外部サイト)