菅井王位vs.ハッシー 意外な角換わり

菅井王位vs.ハッシー 意外な角換わり

左/橋本崇載八段、右/菅井竜也王位 撮影:河井邦彦

菅井王位vs.ハッシー 意外な角換わり

菅井王位vs.ハッシー 意外な角換わりの画像

第67回 NHK杯戦 2回戦 第11局は菅井竜也(すがい・たつや)王位と橋本崇載(はしもと・たかのり)八段の対局だった。北野新太さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。
?

* * *



\r\n■新王位の角換わり\r\n


真新しい熱のようなものが控え室に残っていた。先般に行われた森内俊之九段対藤井聡太四段戦の余韻である。何しろ9年ぶりの生中継だったのだ。スタッフの表情には非日常の高揚が今も見て取れた。



菅井は同じ井上九段門下で本局の解説を務める船江(恒平六段)と談笑している。話の途中、9年前に生中継された第57回決勝・佐藤康光二冠対鈴木大介八段(いずれも当時)戦の話題になった。菅井は「あの▲1六角(A図)の将棋ですよね」と笑みを浮かべる。膨大な記憶のファイルから瞬時に一局面を取り出す特殊能力を持つのが棋士と呼ばれる人々である。

A図は以下△5二金▲3四角。後手の美濃囲いの連結を崩しつつ歩得する。見た目は派手だが、実利ある一着だ。激闘の末に連覇を達成する佐藤の決断は、当時奨励会三段だった菅井の心に響く鮮烈な一手だった。



「あの局面で端角を打ったので『ええっ!』と思ったんです。今では将棋ソフトの指す手として部分的にはあるんですけど、当時は全く認識のない指し方でした。本当に強い人は、ああいう手が指せるものなんだと思ったことを覚えています」



一方の橋本は、記録係が棋士名を記入し始めた空白の棋譜用紙をじっと見つめている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)