木村一基九段と行方尚史八段 仲良し同級生の目隠し将棋

木村一基九段と行方尚史八段 仲良し同級生の目隠し将棋

撮影:後藤元気

観戦記者の後藤元気さんの連載コラム「渋谷系日誌」は、棋士の皆さんの素顔が垣間見られると人気を博しています。2月号では、2つのお祝いの会での様子が綴られています。




* * *




先日、お祝いの会が2日続いたことがありました。僕は「めでたいことはよいことだ」がモットーなので、お誘いをいただくと何も考えずにホイホイと出かけてしまいます。



1日目は「森?二九段のプロ棋士五十年を祝う会」。こちらは渋谷区の日本青年館で行われました。



日本青年館は昨年の8月に移転・建て替えが完了したばかり。建物前の信号で顔を合わせた森内俊之九段があらぬ方向に歩いていこうとするので声をかけると、どうやら以前の場所に向かおうとしていた様子。まっさら新しいビルを見上げて、「まさか、これですか。ひええ」とポツリ。9階建てから16階建てにジャンプアップだから、そりゃ驚きますよね。



会には各界の著名人もたくさん出席していました。壇上であいさつをした作曲家のすぎやまこういちさんは86歳ながら大変お元気で、カジノ好きで有名な森九段のカジノの師匠だそうです。



1978年の名人戦で中原誠名人に挑んだ森九段。剃髪(ていはつ)し、必勝を期して臨んだ七番勝負でしたが、結果は2勝4敗の惜敗。失意の森九段を気分転換にとカジノに誘ったというのが最初だったとのこと。すぎやまさんが「2人でラスベガスに行って、どちらも勝ったことがない」と話すと、森九段は横から「ふっふっふ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)