柳 時熏九段、天元戦挑戦手合で放った「渾身の一手」

柳 時熏九段、天元戦挑戦手合で放った「渾身の一手」

撮影:小松士郎

厚みを華麗に操る棋風の柳時熏(りゅう・しくん)九段。後輩棋士たちに慕われ、愛妻家としても知られています。今回は、初の七大タイトル「天元」を獲得した忘れられない一手、そして、若かりし日々のことを語っていただきました。




* * *



\r\n■「漫画の世界に入ったような感覚」\r\n


僕が韓国の院生だったころは、教科書といえば日本棋院の囲碁年鑑でした。そこに載っている棋譜を並べて勉強していたのですね。趙治勲先生、加藤正夫先生、武宮正樹先生、小林光一先生…挙げればきりがない先生方の

棋譜を並べながら「こういうふうに強くなりたいな」という気持ちを抱いていました。当時は日本が世界で最も囲碁が強い国でしたので、今で言えば野球選手がアメリカに行くように、「メジャーに行きたい」という気持ちで日本に来ることを決めました。



来日してから、僕は院生時代が短くて10か月くらいでプロになれたのですが、当時はその10か月がものすごく長く感じられました。毎日必死に勉強していたので、入段できたときのうれしさは今でもよく覚えています。でもしばらくは、勝ち上がっていくと大先生方に当たるわけですが、まるで歯が立たないのですね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)