世界に一つだけの花! 交配の秘けつ

世界に一つだけの花! 交配の秘けつ

パンジー、ビオラの人工授粉はようじを使って行います。撮影:牧 稔人

世界に一つだけの花をつくってみませんか? じつは、交配しやすい花を選べば、園芸初心者にもこれまでにない個性的な花を生み出せる可能性は十分にあります。ぜひ、やってみてください。園芸研究家の奥 隆善(おく・たかよし)さんに、成功の秘けつを教えてもらいました。




* * *



\r\n■交配とは?\r\n


植物における交配とは、2つの親株を選び出し、人為的に受粉させ、次世代に新品種を生み出そうとすることです。パンジー、ビオラ、宿根ネメシア、マーガレットなどは自家受粉しにくく、生育スピードも速いため結果が早く得られ、初めての人にも交配しやすくおすすめです。


\r\n■交配の成功の秘けつを伝授!\r\n
?

秘けつ1 生きている新鮮な花粉を使う



いつ雄しべと雌しべが熟すのかよく観察し、交配のタイミングを逃さないようにしましょう。花粉が出ていない花の未熟な雄しべを交配しても絶対にタネはつきません。また、花の種類によっては雄しべがあっても、もともと花粉が死んでいて授粉に使えない花もあります。花の種類にもより、例外も多いですが、新鮮な花粉は黄色く、死んだ花粉はたいがい茶色や白色です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)