与謝野晶子と古典文学

「かりん」同人の松村由利子(まつむら・ゆりこ)さんが、古典文学の現代語訳に心血を注いだ歌人、与謝野晶子(よさの・あきこ)について解説します。




* * *




与謝野晶子は、非常に幅広く仕事をした歌人ですが、とりわけ力を注いだのが、『源氏物語』をはじめとする古典文学の現代語訳でした。最初に手がけたのは、一九一二年から翌年にかけて刊行された『新訳源氏物語』です。それから、一九一四年の『新訳栄華物語』、一九一六年の『新訳紫式部日記 新訳和泉式部日記』、『新訳徒然草』と、三十代の後半においてたいへん精力的に取り組みました。



これらの仕事の背景には、晶子が少女時代から古典文学に触れ、自らの糧としてきたことが関わっているでしょう。『みだれ髪』の浪漫性やヨーロッパ的な雰囲気といった新しさは人々を魅了しましたが、歌のしらべには古典の息吹が豊かにあふれています。それは、晶子自身が「歌を詠むにしても万葉集や古今集を少しも旧臭(ふるくさ)いとは思はない。あの時代の秀歌を参考にして新しい自分の歌を建てる事を力(つと)めてゐる」(『一隅より』)と書いていることからもわかります。歌を作るときは、夫・寛(鉄幹)と音読し合い、しらべを耳で確かめながら仕上げたというエピソードも、古典和歌と晶子の深い関係を思わせます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)