野菜の育て方のヒントは原産地にあり!

野菜の育て方のヒントは原産地にあり!

乾燥したアンデス高地生まれのトマト。撮影:福田稔

「野菜を育てるときは、原産地の気候風土を知るとよい」とは、よく言われるところ。実際、冷涼な地域で生まれた野菜は暑さが、乾燥した地域で生まれた野菜は湿気が苦手です。



野菜のなかには原産地とは別に、二次原産地ともいわれる「発達した地域」をもち、その地域の気候風土の影響を色濃く残すものもあります。例えば、ハクサイの原産地は地中海沿岸ですが、発達したのは中国。特に、中国の華北地方で発達した品種が日本にもたらされたため、秋冬の涼しい気候のほうが育てやすいのです。



これまで育ててきた主な野菜の特徴を、原産地からひも解いてみましょう。(監修/藤田 智〈恵泉女学園大学人間社会学部教授〉)

?
\r\n■ホウレンソウ:中央アジア\r\n


冷涼で乾燥した石灰質の土壌で生まれ、暑さと湿気と酸性土壌が苦手。栽培前に、石灰をしっかり投入して土作りをする必要がある。湿気が多いと、カビが原因のべと病や軟腐(なんぷ)病にかかりやすい。

?
\r\n■トマト:ペルー〜エクアドルのアンデス高地\r\n


雨が少なく、やせた乾燥地帯の生まれ。高地なので昼夜の寒暖差もある。そのため、肥料分が多いと「つるボケ」しやすく、雨に当たると実割れする。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)