腸内環境を整えて花粉の季節も爽やかに

腸内環境を整えて花粉の季節も爽やかに

かじきときのこのヨーグルトマリネをアレンジ。グリーンリーフ、紫たまねぎなど、好みのサラダ野菜を器に敷いて、マリネをのせる。温かいミントティーを添えれば、気分もすっきり。撮影:中村あかね

毎日のおかずやお弁当に便利。簡単でおいしくて、さらにヘルシー!! いいことずくめの常備菜を、管理栄養士の新谷友里江さんが提案します。3月号では、花粉の季節も爽やかに過ごせるよう、免疫を整える効果が期待できるレシピを紹介します。




* * *




目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などがつらい花粉症は、体内の免疫系のシステムによって引き起こされます。免疫は細菌やウイルスから体を守るシステムですが、花粉を排除しようと必要以上に働きすぎるのが花粉症。だから免疫を整えることが大切なのです。そこでまず腸内環境の改善を。腸内には体によい働きをする「善玉菌」と、悪影響を及ぼす「悪玉菌」、どちらとも判断できない「日和見菌」の3種類があり、悪玉菌が増えると免疫力が低下。発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などをとって善玉菌を増やすと、免疫系が整います。さらに、花粉症対策にはβ?カロテンで粘膜を強化するのも大切。粘膜の抵抗力が高まれば、鼻やのどの粘膜で花粉を除去できるからです。緑黄色野菜のサラダやスープをプラスするのもいいですね。


\r\n■鶏肉とごぼうのから揚げ\r\n


ごぼうは食物繊維が豊富な野菜の代表格。さらにごぼうに含まれるオリゴ糖は大腸まで届き、善玉菌のえさとなるので腸内環境の改善が期待できます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)