「想定」にとらわれない




\r\n■「想定」にとらわれない\r\n


東日本大震災では、津波で多くの尊い命が失われました。過去の災害を教訓に津波対策を行っていた地域でさえ、大きな被害が生じてしまいました。その背景には、このときの津波が「想定」を大幅に上回る規模だったから、ということがあります。津波における想定とは、ひとつの目安とされる「安全ライン」にすぎません。常に「もしかしたら危険では」と考える習慣をつけてください。


\r\n■車では避難しない\r\n


車でなければ行けないような避難場所ではなく、徒歩で行ける近くの避難場所や高台などを探しておきましょう。大勢の人が一斉に車を使うと、渋滞が起こり、車ごと津波に流されてしまう危険性があります。また、踏み切りが開かず渋滞が発生した例もありました。



道路は、車を使わなければ避難ができないお年寄りや体の不自由な人たちのために空けておくと心得ましょう。徒歩避難が原則ですが、それが困難な地域では車での避難を指針としている場合もありますので、各自治体に確認しておきましょう。


\r\n■津波からは垂直避難\r\n


近くに指定された避難場所がない場合は、逃げ込める堅牢なビルの4 階以上を目指します。これまでは3階なら安心だとされていましたが、今は4 階以上を目安にしています。ただし、これもあくまで「想定」です。「4 階だから安心」と考えずに、より高い場所を目指しましょう。



■『NHKまる得マガジン 家族を守る!現場に学ぶ防災術』より

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)