タネから始めるガーデニング 春まきの5つのメリット

タネから始めるガーデニング 春まきの5つのメリット

フウセンカズラのタネ 撮影:田中雅也

春から夏は春まき一年草のタネまきシーズン。タネから始めるガーデニングには、花苗からでは味わえない「育てる喜び」があります。しかもお得。さあ、今年はタネから花を育ててみませんか。広島市植物公園の島田有紀子さんが、春にタネをまくメリットを教えてくれました。






* * *




春のタネまきは、気温が上昇し、植物が旺盛に成長する時期に行うので、秋まきより栽培がずっと簡単です。しかも次の5つのメリットがあります。


\r\n■1 低予算\r\n
安価でたくさんの苗ができる


\r\n■2 高性種OK\r\n
一般に市販されない草丈の高い植物も育てられる。


\r\n■3 育苗期間が短い\r\n
秋まきよりも簡単。


\r\n■4 まきどきが長い\r\n
7月上旬までと長期間まけるので、失敗してもまき直しができる。


\r\n■5 植えたいときにいつも元気な苗\r\n
植えたい時期から逆算してタネをまけば苗が老化せず(衰えず)、元気いっぱい。



市販の花苗は季節を先取りして店頭に並ぶことが多いため、タイミングを逃すと、植えたい時期に苗が入手できないことがあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)