結城 聡九段と井山裕太NHK杯、垂涎の黄金カード

結城 聡九段と井山裕太NHK杯、垂涎の黄金カード

左/結城 聡九段、右/井山裕太NHK杯 撮影:小松士郎

第66 回NHK杯3 回戦 第8 局は結城 聡(ゆうき・さとし)九段(黒)と井山裕太(いやま・ゆうた)NHK杯(白)の好カードとなった。佐野真さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。




* * *



\r\n■垂涎の黄金カード!\r\n


本棋戦で3期連続3回目の優勝を目指す井山裕太NHK杯にとって、2018年は前半と後半とで状況が一変した一年だった。



棋聖、十段、本因坊と順調に防衛を重ね「全七冠保持は当分続きそうだ」と誰もが思っていたはずである。しかし、夏場の碁聖戦で許家元にまさかのストレート負けで失冠すると、その後の名人戦でも張栩に3勝4敗で敗れた(その後の王座戦と天元戦では防衛)。



対するは、本棋戦での優勝5回という絶大な実績を誇る結城聡九段。NHK杯での通算勝利数71は趙治勲名誉名人の77勝に次ぐ2位で(ちなみに井山は33勝で20位)、今期も当然のようにベスト16まで勝ち上がってきた。



連覇を狙う第一人者と、NHK杯との抜群の相性を誇る実力者。まさにファン垂涎(すいぜん)の好カードと言うべき一局。ともに屈指の剛腕とあって、解説の石田秀芳二十四世本因坊は「ただごとでは済まない碁になるでしょう」と予言した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)