石の強弱を学ぶ! 円田秀樹九段の講座がスタート

石の強弱を学ぶ! 円田秀樹九段の講座がスタート

撮影:小松士郎

4月からNHK囲碁フォーカスの講師を務めるのは、円田秀樹九段と稲葉かりん初段のお二人です。今回のテーマは、戦いには欠かせない判断材料の「石の強弱」になります。石の強弱を正しく判断して、戦いを有利に進めましょう。開講を前に、お二人の対談をお届けします。




* * *




円田「4月から講師を担当する円田秀樹です。よろしくお願いいたします」



にこやかに挨拶をするのは、トレードマークのヒゲがよく似合う円田九段。



一時期は海外を飛び回り、海外囲碁普及に尽力した数少ない棋士の一人だ。訪れた国は40か国を超えていると話す。



そんな円田九段の趣味は絵画鑑賞。好きな画家は、海外ではピカソ、国内では岡本太郎氏を挙げてくれた。絵画を鑑賞していると心が落ち着くのが好きな理由だそうだ。



稲葉「聞き手はまだ慣れていませんが、よろしくお願いいたします」



初々しい雰囲気で挨拶をするのは稲葉初段。まだ20歳になったばかりの、注目若手女流棋士だ。周りの棋士からは「かりんちゃん」と呼ばれ、親しまれている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)