どこをチェックするの? 夏野菜の苗選び

どこをチェックするの? 夏野菜の苗選び

トマトの苗 撮影:岡部留美

4月、5月は夏野菜の植えつけ適期。初心者は苗から始めたほうが失敗が少なく、収穫までの時間も短縮できます。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、苗選びのコツを教えてもらいました。




* * *



\r\n■1 苗のここをチェック\r\n


苗を購入するときは、次のポイントをチェックしましょう。



□病気や害虫が発生していない

□根がしっかり張り、株元がぐらぐらしていない

□葉と葉の間が間のびせず、がっしりしている

□葉の色が濃い

□双葉が残っている


\r\n■2 ナス科は花芽(はなめ)がついていればベター\r\n


トマトやナスなどのナス科野菜は、最初の花(第一花)を着果させると、その後の花つきや実つきがスムーズです。第一花の花芽がついた苗を選ぶのが確実ですが、花芽がついていない苗や、第一花(果)が落ちてしまった苗でも、巻き返しはできます。じっくり待ってあげてください。


\r\n■3 つぎ木苗にこだわらなくてもOK\r\n


苗には、タネから育てた「実生(みしょう)苗」と、野生種や丈夫な品種の台木についだ「つぎ木苗」があります。つぎ木苗は価格が高い分、病害虫や連作障害、低温障害に強いメリットがあります。ただし、プランター栽培では、培養土を再利用する場合も消毒すれば連作障害は起きませんし、畑ほどつぎ木苗にこだわる必要はありません。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年4・5月号より

1

関連記事(外部サイト)