地位や肩書きは人としての価値を表すものではない

地位や肩書きは人としての価値を表すものではない

地位や肩書きは人としての価値を表すものではないの画像

名君として知られる第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス。哲学者として生きる道を志しながらも、望まぬ皇帝の地位を与えられたアウレリウスは、帝国の舵取りを1人で担い始めた頃から、思索や自戒の言葉を書き留めていました。この私的な手記をまとめたものが、今も世界中で読み継がれる『自省録』です。哲学者の岸見一郎(きしみ・いちろう)さんが、『自省録』から浮かび上がるアウレリウスの人物像を読み解きます。




* * *




アウレリウスは、プラトンが理想とした哲人政治を具現した賢帝といわれます。アウレリウス自身も「哲学者が統治するか、統治者が哲学をするかなら国家は栄える」と語っていたと伝える歴史書もあります(『ヒストリア・アウグスタ』所収、ユリウス・カピトリヌス『哲学者マルクス・アントニヌスの生涯』)。



著書の中でプラトンの対話篇から何度も引用しているアウレリウスが、プラトンの国家論を知らなかったわけはありません。プラトンは政治に失望し、哲学に向かったというのではなく、むしろ、政治と哲学をどのように一本化できるかを考えました。



そして、国家の正義も個人の正義もすべて、真の意味での哲学からこそ見て取ることができると考えるようになり、政治的権力と哲学的精神が一体化しなければ、国家にも人類にも不幸の止むことはないという哲人王の思想に結実していきます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)