土作りのスゴ技

土作りのスゴ技

土作りのスゴ技の画像

初心者さんの素朴な疑問も! ベテランの悩みも!野菜作りの基本からプラスアルファの技術まで、菜園の達人が「技あり」な解決策を伝授する連載「達人のスゴ技!」。第1回では土作りのコツを、体験農園園主で東京都指導農業士の加藤正明さんに教わります。




* * *



\r\n■どんな野菜も、まずは深さ30cmまで耕すべし!\r\n


まずスコップとクワで全体を耕す



土を耕すことと酸度調整は、別々に考えましょう。まず、どんな野菜でも必要なのが、栽培スペース全体をスコップで深くまで掘り、耕しておくこと。水と空気の通り道を作り、野菜の根がしっかり張れるようにしておくのです。



深く耕すには、先のとがったスコップ(剣スコ)の刃に片足をのせて体重をかけ、土にぐっとさし込みます。刃の長さはおよそ30cmなので、刃全体が埋まるくらいが目安です。全体を掘ってから、さらにクワで耕して土を軟らかくしておきます。



次に苦土石灰をまいて耕す



酸度調整は野菜に合わせ、適正な量の苦土石灰(くどせっかい)をまきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)