「過ちを犯した人を愛せ」 アウレリウスの真意

「過ちを犯した人を愛せ」 アウレリウスの真意

「過ちを犯した人を愛せ」 アウレリウスの真意の画像

ローマ帝国の五賢帝時代最後の皇帝、マルクス・アウレリウス・アントニヌスは、自らを裏切って謀反を起こした重臣を許そうとしました。『自省録』で、過ちを犯した人を許すだけでなく、愛せといったアウレリウスの真意を哲学者の岸見一郎(きしみ・いちろう)さんが解説します。




* * *




私たちは皆、他者との関わりの中で生きています。世の中にはいろいろな人がいますから、そこに摩擦や軋轢(あつれき)が生じるのは仕方のないことでしょう。心理学の三大巨匠としてフロイト、ユングと並び称されるアルフレッド・アドラーは、すべての悩みは対人関係の悩みだと指摘しています。



悩みの源泉だとしても、それを避けて通ることはできません。何より、生きる喜びや幸福は、他者との関わりの中でしか得られないものです。自分の「外」にあって、時に私たちを苦しめもする「他者」と、どう関わり、どのような関係を構築していくかは古今東西共通のテーマです。



アウレリウスも、ローマ帝国を侵食して覇権を狙う周辺民族との対立や、「互いに軽蔑し合いながら互いにへつらい合う。そして、相手に優越しようと欲しながら互いに譲り合う」(一一・一四)腐敗した宮廷の人間模様、家臣の裏切りに悩まされていました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)