土壌微生物って何?

土壌微生物って何?

土壌微生物って何?の画像

野菜を育てている畑の土の中には、たくさんの土壌微生物が暮らしています。元明治大学黒川農場特任教授で農学博士・技術士の藤原俊六郎(ふじわら・しゅんろくろう)さんに、その働きについてお話を聞きました。




* * *



\r\n■土の中はどうなってる?\r\n


土の上では、太陽エネルギーを利用して成長した植物を動物が食べ、死んだ動物などは微生物により分解されて土に還り、植物の栄養源になります。これを「食物連鎖」といいます。土の中には「分解者」である土壌微生物がたくさんすんでおり、よい畑の土には、1g 当たり1億以上もの微生物がいるといわれています。ひと口に畑といっても地域や栽培作物により違ってきますが、よい畑では1平方メートルの表土(深さ1.5mm)に、重さにして700g 、数にして100兆以上もの土壌生物がおり、そのうち95% が土壌微生物(70〜75%がカビ、20〜25% が細菌や放線菌)、残り5% が土壌動物(ミミズやダンゴムシなど)といわれています。


\r\n■どんな微生物がすんでいるの?\r\n


土壌微生物はおおまかに、「菌類」「細菌」「放線菌」「原生動物」「藻類」の5種類に分けることができ、下記の3つが代表的です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)