「雨よけ栽培」で極上のトマトにトライ!

「雨よけ栽培」で極上のトマトにトライ!

撮影:栗林成城

樹上でじっくり完熟させる大玉トマトは、甘みとうまみが詰まった極上の味わい。病気と実割れの予防ケアで、極上の大玉を作りましょう。栽培のコツを恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんにうかがいました。




* * *


?
\r\n■わき芽を取り除き「1本仕立て」で育てよう\r\n


わき芽は小さいうちにすべて取り除き、主枝(しゅし)1本だけを伸ばします(1本仕立て)。日当たりと風通しがよくなるので病気になりにくく、果実の色づきも早くなります。


\r\n■太らせる果実を厳選し養分を集中!\r\n


より大きいトマトを作るために、1果か 房ぼうにつく果実を4〜5個に制限する「摘てき果か 」をしましょう。小さいもの、形の悪いものを摘み取り、養分の分散を防ぐことで、一つ一つの果実を大きく育てます。


\r\n■「雨よけ栽培」で極上のトマトにトライ!\r\n


中玉やミニに比べ、果実の皮が薄くてデリケートな大玉品種は、急な雨で実が膨張して割れやすく(裂果〈れっか〉)、また葉や実に雨が当たるとジメジメした環境になり、病気が発生しやすくなります。



そこで効果的なのが、「雨よけ栽培」。傘代わりとなるシートを畝の上にかぶせ、雨が直接実に当たらないようにします。水分をコントロールすることで、甘みが凝縮した、見た目のよいトマトを作ることができます。


■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年4・5月号より

1

関連記事(外部サイト)