トロピカルフルーツ、日本でも育てられるの?

トロピカルフルーツ、日本でも育てられるの?

撮影:木村 琢也

『趣味の園芸』2019年6月号の巻頭企画は「大特集 トロピカルフルーツであなたの家を楽園に」。ライチにバナナ、アボカドといった南国の果樹の育て方を徹底解説しています。食べたことはあるけれど、植物としてはよく知らない……。そんなトロピカルフルーツにまつわる誤解を解いて、もっと親しくなりましょう! 教えてくださるのは、果樹研究家の大森直樹(おおもり・なおき)さんです。




* * *



\r\n■誤解1 高い温度じゃないと育てられない!?\r\n


たしかに高い温度を維持しないと枯れる種類もあります。でも、トロピカルフルーツ(熱帯果樹)といっても厳密にいえば「亜熱帯」の果樹であることも多いのです。亜熱帯果樹は、温室など特別な施設でなければつくり出せない高い温度を必要としません。関東地方以西の温暖な地域なら、日本でもほぼ戸外で栽培でき、十分結実を期待できます。なお、今回テキストの特集でご紹介しているのはすべて亜熱帯果樹です。果実を期待して育てるなら「亜熱帯果樹」。これさえ守れば大丈夫です。


\r\n■誤解2 庭がないから収穫できない!?\r\n


地植えにして大きく育てなければ実がならない、と考えている人も多いかと思います。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)