トロピカルフルーツ、日本でも育てられるの?





しかし、トロピカルフルーツに限らず、果樹はおおむね地植えにしなくても収穫できます。また、鉢植えにすれば、冬の過度な低温から守るために、室内に入れたり、戸外の日なたに移動させたりすることも可能です。正しく管理すれば、十分に結実を期待することはできるのです。


\r\n■誤解3 自分で育ててもおいしいの?\r\n


せっかく育てても、市販のものに比べて味が落ちるものだとしたら、あまり意味はありません。でも本当にそうでしょうか。



収穫後に劣化しやすい果物は、完熟前に早どりをします。輸送のために冷凍加工をしたり、検疫のために蒸熱や温湯で消毒を施したりする果物もあります。つまり、自宅で収穫するほうが断然おいしいのです。また、自宅でたくさん収穫できれば、生ジュースにして楽しむなど、市販のものとはひと味違った楽しみ方もできます。



甘さや酸味など味わいが多岐にわたるトロピカルフルーツなら、複数の種類の果実を使って、これまで考えなかったような楽しみ方がどんどん広がることでしょう。


\r\n■結論!\r\n


だからトロピカルフルーツを家で育てて収穫してみましょう! どんなトロピカルフルーツを選べばいいのか……。それはテキストの特集をご覧ください!



■『NHK趣味の園芸』2019年6月号より

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)