洗濯物のニオイ菌を“ひも”で防ぐ

洗濯物のニオイ菌を“ひも”で防ぐ

撮影:藤田浩司

洗濯物に臭いがつくのを防ぎたいとき、何か対策はしていますか? 梅雨の季節に頭を悩ませがちな「洗濯物のニオイ問題」を、ひもが解決してくれます。お笑い芸人として活動するかたわら、家事に関する著書も執筆している松橋周太呂(まつはし・しゅうたろ)さんに、とっておきの方法を教えてもらいました。




* * *




乾いている洗濯物とぬれている洗濯物を一緒にしていると、ニオイ菌が増殖してしまいます。そこで、洗濯かごにひと工夫。ひもをつけて簡単に分別できるようにします。



1 洗濯かごにひも(ポリエステル製のコードなど)を2本結びつける。

?



2 下洗いした靴下など、ぬれている洗濯物はひもの上に、乾いているものは下に入れる。







洗濯機に衣類をためるのはNG。そもそも洗濯機の中は菌が増えやすい場所。衣類を入れっぱなしにすると洗濯機自体がかびてしまい、菌だらけの水で洗うことに……。



※簡単にカーテンを洗濯する方法、手作りしみ抜きブラシで衣類のしみ抜きをする方法など、テキストではひもを使った洗濯アイデアをご紹介しています。



■『NHKまる得マガジン あなたも今日から“ヒモ”生活』より

1

関連記事(外部サイト)