育てた人にしか口にできない濃厚な味わい 自家製アボカドにチャレンジ

育てた人にしか口にできない濃厚な味わい 自家製アボカドにチャレンジ

育てた人にしか口にできない濃厚な味わい 自家製アボカドにチャレンジの画像

一般的に販売されているアボカドの果実は輸入ものがほとんど。しかし、適切に管理すれば家庭でも鉢で収穫まで楽しめます! 熱帯果樹栽培家の米本仁巳(よねもと・よしみ)さんに、アボカドを家庭で育てる魅力を教えてもらいました。




* * *



\r\n■家庭で栽培すれば本来のアボカドが食べられる!\r\n


“森のバター”の別名もあるアボカド。果実には豊富な油分を含み、100g 当たりの栄養価はバナナの約2倍もあります。そのため、アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも登録されています。



日本で流通するアボカドの果実は大半が輸入されたものでしたが、輸送上の都合と、一部の国では害虫を日本に侵入させないための検疫措置の一つとして、未成熟である必要があります。アボカドの果実は木に長くつけて熟すほど油分がふえておいしくなるため、現地で食べられているものとは味も食感も異なってしまうのです。



ところが最近、鹿児島や和歌山、愛媛などでつくられた、国産の完熟アボカドが市場に出回るようになりました。また、国内での生産のノウハウを生かして、家庭でアボカド栽培に挑戦する人もふえています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)