『アルプスの少女ハイジ』を書いたヨハンナ・シュピリとは

『アルプスの少女ハイジ』を書いたヨハンナ・シュピリとは

画/パウル・ハイ 出典/J・シュピーリ作、矢川澄子訳 『ハイジ』 福音館文庫

『アルプスの少女ハイジ』の作品世界をより深く知るために、作者であるヨハンナ・シュピリのことを押さえておきましょう。早稲田大学教授・ドイツ文学者の松永美穂(まつなが・みほ)さんが、シュピリの半生をひもときます。




* * *




1920年(大正9)に日本で最初に『ハイジ』を翻訳した野上弥生子は、その「序」で「作者マダム・スピリイに就(つ)いては、1891年にチュリッヒで亡くなった瑞西(スヰツツル)の婦人著作者であると云(い)ふ事と、「ハイヂ」の外(ほか)に(略)其他可(そのたか)なり沢山な物語(多く子供の為の)を遺(のこ)してゐると云ふ事と、その位(くらゐ)きり知りません」と書いています。1891年に亡くなったと書いてあるのですが、実はヨハンナ・シュピリは1901年まで生きていました。野上が底本にした英訳本の序文の記述が誤っていたのです。



1827年、ヨハンナはスイスの都市チューリヒの南東にあるヒルツェルという山間(やまあい)の村で生まれました。父のヨハン・ヤーコプ・ホイサーは、外科から精神科まで幅広い患者を引き受ける開業医で、母のマルガレータ(通称メタ)・ホイサーは、文学的才能に恵まれた、敬虔(けいけん)なプロテスタントの宗教詩人でした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)