日本に本場の味を広め技を守り継ぐフランスパン

日本に本場の味を広め技を守り継ぐフランスパン

窯から出した瞬間にピチピチ、パチパチという音がするフランスパン。老舗と呼ばれる今でも、味や製法は進化させつつ、職人がいちからつくる姿勢は変わらない。撮影:三村健二

本物をつくりたいという思いから始まった日本のフランスパン。今も常に生地の状態を見て、職人が手作業でつくり続けています。パン愛好家のひのようこさんが選ぶ、フランスパンの老舗を訪ねました。




* * *




昭和40年(1965)、東京オリンピックの翌年、兵庫県神戸市・三宮町の老舗パン店の店頭に、黄金色のフランスパンが並びます。日本に本場のフランスパンを紹介し“フランスパンの神様”と称されるレイモン・カルヴェル氏、その弟子フィリップ・ビゴ氏の指導のもとにつくられた、本格的なフランスパンでした。まだパリッとしたパンの皮になじみがなかった時代「堅くて口の中が傷ついた」、「このパンは蒸して食べるの?」と苦情が寄せられたといいます。とにかく本当のフランスパンを知ってもらおうと、無料で配ったことも……。それにもめげず次の年には、東京に出店。するとフランス滞在経験者や在京フランス人から「本物のフランスパンがやってきた」と評判を呼び、あっという間に口コミで大ブレイク。職人は寝る暇もないほどで、うれしい悲鳴を上げることとなったのです。



その後も本物のフランスパンへの追求は続き、フランス製石窯オーブンの導入、日本の製粉会社とともにフランスパン専用粉の開発、パンの膨らみや風味などに影響するイーストをフランスから輸入するための商社を起こすなど、日本のフランスパン業界をけん引。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)