SF作家・小松左京を育んだ子ども時代の体験

SF作家・小松左京を育んだ子ども時代の体験

SF作家・小松左京を育んだ子ども時代の体験の画像

SF界で「ブルドーザー」にも喩(たと)えられた小松左京の旺盛な知力が、いかにしてSFという表現のかたちに出会ったのか。まずは彼の少年時代を追ってみましょう。案内人は、評論家の宮崎哲弥(みやざき・てつや)さんです。




* * *




小松左京は、1931(昭和6)年1月、大阪市西区の京町堀(西船場)に生まれています。本名は小松実。 五男一女の二男でした。



父親は千葉県館山の網元の家に生まれましたが、明治薬学専門学校(現明治薬科大学)に学ぶうち、東京人形町で漢方薬を商う老舗の娘と知り合います。小松左京の母親です。婚約して父が一足先に大阪に行った直後の1923(大正12)年9月1日、まだ東京にいた母は関東大震災に遭います。



小松は子供の頃、母からその被災の体験談を聞かされて育ったそうで、彼の天変地異のイメージの起源はここにあるのかもしれません。また千葉の網元だった父の実家も大震災で大きな被害を受けたといいます。小松は「『日本沈没』を書いたり、地震や地球物理学に関心を持つのは、こうした少年期の体験とも無関係ではないように思う」(『SF魂』)と述懐しています。



父親は大阪で電気機械の商売に転じ、のちに阪神間で町工場を営み、家もそちらに引っ越しました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)