空前の大ベストセラー『日本沈没』

空前の大ベストセラー『日本沈没』

空前の大ベストセラー『日本沈没』の画像

小松左京の代表的長編作品『日本沈没』。海に沈みゆく日本列島を舞台に、混乱する国民と政府、窮状を救うべく力を尽くす人々の姿を圧倒的なリアリティをもって描き、大ベストセラーとなりました。評論家の宮崎哲弥(みやざき・てつや)さんは作者の博捜ぶりに「舌を巻いた」と言います。




* * *




亡くなる5年前、2006年の自叙によれば、小松が「これまでに書いてきたものは、長編が17作、中・短編が269作、ショートショート199作。小説の単行本だけで62冊、このほかエッセイ・評論・ルポなどの単行本が68冊にのぼる」のだそうです(『SF魂』)。



その夥(おびただ)しい数の作品の中で、発行部数を最も伸ばし、社会的影響を及ぼしたのが『日本沈没』でした。



書き下ろし長編『日本沈没』は、1973(昭和48)年3月に刊行され、上下巻合わせて累計460万部に達する空前の大ベストセラーとなりました。同年、映画にもなり、翌年には連続テレビドラマ化されました。日曜日の20時、プライムタイムの放送でした。



日本中が俄(にわか)の「沈没ブーム」に沸き立ち、天変地異の不安に戦(おのの)きました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)