仲邑菫初段も出場した未就学児だけの囲碁大会

仲邑菫初段も出場した未就学児だけの囲碁大会

撮影:小松士郎

3月23日に日本棋院にて開催された本大会は、今年で8回目を迎える。宮城、大阪、愛知など全国各地から未就学児が集まり、約120人が参加した大規模な大会となった。




* * *



\r\n■囲碁棋士の登竜門\r\n


一年の勉強の成果を年度末のキッズカップにぶつける。そんな思いが未就学児のちびっ子棋士たちに浸透しつつある。



本大会開催のきっかけは、主催する渡辺和代さんの「囲碁は子どもの教養によいものだから、囲碁普及をしたい」という強い思いによるもの。それから毎年開催されて8年目となる。当初は未就学児のみということで、大会自体が成り立つのかという心配もあったようだが、ふたを開けてみれば、参加者は開催を始めてすぐに100人を超える、人気の子ども大会となった。



人気の秘けつは、未就学児に限定した安心感もあるが、大きな特徴として大会スタッフの手厚いサポートによるものが大きい。予選リーグは8人ずつに分かれるが、必ず各リーグに審判員がついている。また、その他のスタッフも見回りをしており、トラブル対策には万全を期している。



さらに注目なのは、大会案内に参加条件として「19路盤で終局できる子ども」とあり、未就学児にしてはハードルが高そうだなとも思えた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)