未完の傑作『虚無回廊』

未完の傑作『虚無回廊』

未完の傑作『虚無回廊』の画像

宇宙空間に出現した謎の超巨大天体“SS”は、誰が、何のためにつくったのか? 地球から送り出されたAE(人工実存)が、多くの知的生命体と共同して探査を進める??。小松左京がイマジネーションを極限まで伸張させ、壮大な宇宙進化史を仮構してみせた集大成的な作品、それが『虚無回廊』です。評論家の宮崎哲弥(みやざき・てつや)さんが、この未完の長編が執筆された背景と物語のあらましを解説します。




* * *




『虚無回廊』は、1986(昭和61)年から2000(平成12)年まで、足掛け15年の歳月を費やして書き継がれます。その途中で執筆が2度中断しています。1度目は1990年の大阪「国際花と緑の博覧会」(花博)の総合プロデューサーの1人となったとき。2度目は、連載媒体だった月刊誌『SFアドベンチャー』の季刊化と路線変更に伴うものでした。小松は執筆の再開に向け努力を続けましたが、1995(平成7)年1月17日、阪神淡路大震災が起こります。


阪神間という、僕にとって最もなじみ深い地域を襲った大災害だ。『日本沈没』の著者として、何もしないわけにはいかない。
(『SF魂』)



震災を小松なりに記録し、解析する連載を終えると、小松は極度の疲労感に苛(さいな)まれます。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)