日本一の少年少女棋士を目指して 精鋭集った第40回 少年少女囲碁大会 東京都代表決定戦・小学生以下の部ルポ

日本一の少年少女棋士を目指して 精鋭集った第40回 少年少女囲碁大会 東京都代表決定戦・小学生以下の部ルポ

撮影:小松士郎

令和元年、節目となる40回目を迎える少年少女囲碁大会。インターネットやAIの普及により、最近は地域間の格差は少なくなっているが、やはり東京都代表の座を得るのは狭き門だ。60名の少年少女棋士たちが日々の成果を出し合った、東京都代表決定戦・ 小学生以下の部の様子を追った。




* * *



\r\n■トップレベルの戦い\r\n


申し込み要項に「三段以上推奨」と記載された、ハードルの高い代表決定戦。その中でも東京都代表は、ほぼ毎年優勝候補を輩出しており、最近の10 年間で3人が優勝している。5月26日、今年も精鋭たちが日本棋院で腕を競った。



代表の枠は4つ。予選リーグで3戦し、勝ち残った16名により決勝トーナメントが行われた。対局の様子をのぞいてみると、最新のAI流布石を用いる子もいれば三連星を駆使する子もいるなど、碁の内容は多様だ。



レベルが高いとはいえ、子どもたちの着手は早い。開始15分で、各所で整地が始まる。そんな中、じっくり時間をかけて数人で検討する様子も見られた。



また、実力は満たないながらも、練習の場として腕を試しに来るなど、参加者の目的も多様化しているようだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)